子どもの頃から、青汁という存在は知ってはいましたが、それを飲んでみようとはそのとき思っていませんでした。それはどうしてかというと、やはり子どものときに感じた印象というのは「お世辞にも美味しそうには見えない」というものだったからです。

子供のときというのは、健康よりも味の美味しさをもちろん優先しますから、余計に青汁に対しては興味が向かなかったのだと思います。私の母は飲ませようとしたのですが、そこで私が首を縦に振ることはありませんでした。

それから時間が経ち、大人になってくると、健康を考えた食事の大切さがわかるようになってきました。食事で栄養のあるものを食べるということは、ダイレクトに健康に対して影響があるということを実感することが多くなったからです。

そこで私は初めて青汁に対して興味を持ったのですが、やはり不味いと厳しいと思ったので、比較的飲みやすいと言われている熊笹を主成分にした青汁を選んだのですが、子供のころは深く考えもせず飲みもしなかったのですが、一度飲んでみてから判断しても良いだろうと思ったのです。

私は、青汁を入手して食事のときに飲んでみることにしました。やはり、大人になってからも「そんなに美味しそうではない」というイメージは変わらなかったのですが、何とか覚悟を決めて飲んでみました。

臭いをかいだときに青臭い臭いが鼻をついたのですが、熊笹のおかげなのか分かりませんが、それでも飲んでみると意外にゴクゴク飲めました。

青汁が飲まず嫌いだったことに気付き、私はそれ以来定期的に飲んでいますので、そのとき思い切って飲んでみて良かったと思います。

私は10年近く同じ美容院に通っています。その美容院には、私以外に妹もお世話になっていたり、仲の良い男性の後輩も気に入って通っているなど、私の周りの人が長く通えるほど雰囲気が良いので、私はとても気に入っていました。

また、自宅から徒歩で通える距離にあることもあり、忙しい時でも気軽にお願いできる点も非常に魅力に感じていたのです。その美容院は、女性の姉妹と母親の計3人で営んでおり、男性のスタッフがいないという点も私にとってはポイントが高かったのです。

というのも、私は男性の美容師さんが苦手だったため、女性の美容師さんだけが在籍している美容院を利用していたのですが、この美容院ではその点についても満たしていたため安心して通うことができました。

美容師さんも東京の学校を出て働いていたため、最新のヘアスタイルに整えてもらうことができます。

私はいつもおまかせでお願いしていたのですが、詳しく注文を付けることなく最適なヘアスタイルにしてくれるので面倒もありません。また、お値段についてもそれほど高くないため、気軽に通うこともできたのです。

今現在も、カラーリングやカットの時に利用しているのですが、このまま長く通い続けられればいいなと思っています。

豆乳石けんでマッサージするように洗う!

私が今使っている洗顔せっけんは、豆腐の盛田屋の豆乳せっけんです。

前はドラッグストアで洗顔フォームを買って使っていましたが、しっとりするけれど、なんとなく洗っても顔に洗顔料が残っているような気がして、その点が不満でした。

たまたま広告で、天然由来100%の石鹸ということで、豆腐の盛田屋の豆乳せっけんを知りました。余計なものが入っていないとのことで、肌にやさしく肌がしっとりする、というのにひかれてお試しサイズの石鹸を購入しました。

届いた石鹸は、ミニサイズで最初はすぐなくなりそうだな、と思いました。でも浴室に置いておいても、水に溶けにくくて1ヶ月近く持ちました。なんでも、製造したら60日も乾燥させるそうです。

これにより、石鹸の水分が20%まで下がり、水に溶けにくくなるようです。使い心地もよく、余計な香りもしないので気に入りました。洗顔してもさっぱりするので、洗った!という感覚が好ましかったです。

なので今は正規品を購入し、愛用しています。正規品にはあわ立てネットがついており、ネットを使ってあわ立てるともちもちしたいい泡が作れます。

これでマッサージするように洗うと、汚れがしっかり落ちてくすみが取れたような気がします。

人よりもたくさん寝ないとダメな体質の私

最近は寒くなってきた影響もあってか、朝が起きられない日が続いています。

元々私は眠りの質が悪いらしく、長時間眠らないと生きていけないタイプです。頑張って睡眠時間を短くしてみた時期もありましたが、数日短い睡眠時間で過ごしていると、ある日どかんと昼寝をしてしまうのです。

短いといっても6時間は寝ています。それでも私には足りていないらしく、日中眠くて眠くて仕方なくなってしまいます。

現在は最低8時間は眠らないとハツラツと生活することができません。現在専業主婦ということも関係しているのかもしれません。仕事をしているわけではないので、あまりきっちりと起きる必要がないのです。

子供は幼稚園に通っていますが、登園時間は遅めです。その時間に間に合うようにさえ起きていればいいという環境も良くないのかもしれません。

以前からストレスが溜まると過眠に走るタイプでした。もう何も見たくない、考えたくないという心理から眠りに逃げていたのですが、不眠ならともかく、過眠はただの怠けとしか捉えてもらえないのが現実です。

私自身は体を休めるというより、疲れ切った脳を休めるために眠っているつもりです。

落ち込みやすく、周囲の目などが気になってしまう性格なので、自分で思っている以上に生活の中で脳への疲労が溜まっているのだと思います。

しかしこうした自己解析も、結局は「甘え」や「言い訳」としか思ってもらえません。

朝起きられない私自身にも非はありますが、人は一人一人感受性が異なり、必要とする睡眠も違うのだということをもっと多くの人に理解してもらいたいです。

小顔と足やせのダイエットを心がけている!

ダイエットをしたい部分について、一番は顔を小顔にしたいことと、そしてもう一つは足を細くしたいということです。

小顔は毎日スリムセラという美顔ローラーでコロコロマッサージしたり、リンパに沿ったマッサージをお風呂のときにしていますが、足はマッサージだけでは痩せないと、いつも思っていました。

足は、引き締めて、筋肉が多少付いている方がきれいに見えるような気がします。人によっては、もともと華奢な体で、すらりとしたきれいな足の方もいますが、その様な足になるには、体全体的に痩せていかなければなりません。

そこで、運動をとりいれた足やせダイエットをしています。普段、エレベーターに乗ってるところを、階段を使って登り、家では、家事をするときには、つま先立ちをしたり工夫しています。

最初は家事がはかどらず、くじけそうになるのですが、続けていくうちに、意識しないでもつま先で用事をしていることもしばしばです。特に、キッチンにいるときはつま先立ちをしているのですが、立ったり下ろしたりを続けると、かなりいい運動になります。この効果なのか、少しは引き締まってきているような気がしています。

一昔前、サランラップを足に巻きつけるダイエットが流行ったこともありましたが、これは、足がかぶれたので、やめた方がいいと思います。

また、足痩せであっても、バランスの良い食事を摂ることも大事だと思います。健康な体があってこその、ダイエットなので、バランス良く、やり過ぎない、ストレスをためないダイエットを心掛けています。

カテゴリ

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 5.2.7